・エントリーの根拠
・損切りのタイミング
・利確の根拠
・保有時間の長短

様々な手法や考え方があふれるこの世界で
自分のできそうなことをまず選んで、やってみて、感触を確かめて、
これならいけそうかな、と思ったら、それをひたすら続けていく。

トレード上達の近道はそれだけ。

一見地味な作業です。

でもそんな地味な作業を続けていくことで、今度は、
相場が変わったことに気づけるようになっていきます。

相場が本当の意味で「わかる」瞬間がやってきます。

その「わかる」日の前に、お金を失い、
「わかる」のに「戦う力が無い」というジレンマに苛まれることになることは何としてでも避けたい。

資金1000万円の人ならそんなことにはなる日はかなり遠いけど、
資金10万円の人ならその日はすぐにやってきます。

だから、

見ている間、相場の動きとともに数pipsの利益を取る、(小さな利益)
違った時は相場の動きとともにすぐにやめる、という、(小さな損)

誰でも使える手法で最小の利益を狙いながらトレードの質を高め、資金が増えた時には勝負ができるような力を蓄えつつ、

少ない資金が減った時にもトレード以外でその損失を埋められるような物販の最低限の知識を持ち、
歳を取った時に少しずつでも入ってくるサイト収入の窓口を作っておく。

のりたま 増田悦子の、
2009年から2013年までの個人としての活動
2013年から2016年までのワイルドツリーとしての活動

両方の観点から、資金が少ない人にも実践していただけるような部分をよりぬき作り上げ、
現在発表しておりますのが
「肩の力を抜くオンラインサロン」です。(株式会社ワイルドツリーとは別運営となっております)

 

オープンサイト  http://www.yurulabo.net/

会員サイト(月額3240円)http://yurulabo.net/onlinesalon-admission/

 

お好きなタイミングでご利用くださいませ。

 

役員の辞職を希望し、形にしようと動いておりましたが、
大きな意味を為すことではないと気づきました。
ワイルドツリーには私のカケラがあまりにも多く存在しております。

私はまだここにいることになりました。
これからもよろしくお願いいたします。

増田悦子